忍者ブログ

Unplugged*Cafe

。’・*★・・自然からパワーを分けてもらう...そんな日々に感謝。’★・*★・・

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

南Akakura trek

8/9 sun 曇⇒雨

晴れたり雲がかかったり・・・ちょっと怪しい天気のなか、3名で南八甲田・赤倉岳を目指しました。

蔦温泉出発、菅沼からスタート。
P1020115.JPG











蔦温泉の散策道は歩きやすいのですが、そこから上は、らしい標識もなく、踏み跡とテープが頼り。
知らない人は気軽に近づけないので要注意。。。

P1020116.JPG途中、ヤマジノホトトギスを発見。

車でホトトギスときいて、
貴重な鳥なのかと思ってたのですが、
実は高山植物の名前でした。w







赤倉山頂までは、とにかく笹薮地獄!!
ざわわ・ざわわのさとうきび畑ならぬ、背丈より高い笹がいく手を阻みます!
そんな薮中でも踏み跡とピンクテープがちゃんとついているのです。
たとえるならば、巨大迷路の中をピンクテープ&踏み跡という名のお宝を探すアドベンチャーゲームの様な感じ。(けっこう楽しい♪まあ一人じゃ行かないけど・・・)
通常のコースタームなら、2時間でいけるところを、5時間以上かかった!きちー

お昼の休憩も、笹薮のなか。
こんなところで休憩するのは、我々もしくは自●隊レンジャーかってくらい、サバイバルです。

景色は、雲海?雲の中で堪能できる場所はありません。

途中、雨がザーザー降ってきて、赤倉山頂(1298m)はかすめて省略・・・。

下山路は、比較的薮が少なめ。(ごくたまにある)
踏み跡もしっかりしていて、サクサクといける。
休憩も登りより少なく済んだ。
というわけで、途中赤沼に寄り道しつつも
予定時間よりはやや早めに、仙人橋到着で終了できました。
雨で全身ぐっしょり。足元はどろんこ。

途中で見かけた、逆さまになって枝に止まるセミ。
P1020117.JPG












ちなみに熊の痕跡があちこちにあった.。リアルに熊の毛も・・・。(熊ベル必須)
そして、薮をこいだ腕が筋肉痛。(登る前に腕立てトレーニング必須)
おでこと両耳が虫刺されで痒い。(虫除け全く効かない。顔ネットがあれば・・・と後悔)

そんなサバイバルな登山でした。南赤倉、おそるべし。

PR

Comment

無題

  • yama
  • 2009-08-10 13:27
  • edit
おつかれやま~

おでこってwww

藪漕ぎって、つらいよねぇ・・・
マイナールートって、確かにアドベンチャー要素が多いよねw

to yama

薮こぎ、ねぶたボケしてなまった体を鍛えなおすには
よい運動だったよ^^

2名のジェントルメンと共に行ったんだけど、
「厳しくないレンジャー部隊」ってかんじだったわ~。
もー大変(笑)

でもこういう山登りも、なかなかいいもんだ!
(と思うのはたぶん見渡しても私だけでしょうな。。。)

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30


リンク

[my wbsite]
■Unpluggedな山行記録集
 『ヤマレコ』

Yamagami Yoko

バナーを作成

[my photo and movie site]
■Flickr YOKO's Photo

■YOU TUBE

Beautiful Hakkoda Sunday


Quarter Session at Hakkoda

最新コメント

[07/30 YOKO]
[07/29 みぃ【lieben_anseilen】]
[06/20 YOKO]
[06/20 組長]
[05/27 YOKO]
[05/27 しゅん]
[05/26 YOKO]
[05/26 ミハイ]

プロフィール

HN:
YOKOたろ
性別:
女性
職業:
主婦OL
趣味:
猫・うさぎ・Art・建築・サッカー(ブンデス/代表/FC東京/ヴァンラーレ八戸/ラインメール青森FC)・SK8・スノーボード・登山etc。
自己紹介:
八甲田のおひざもとに念願の新居を建てました!八甲田まで車で20分!
週末は山でスノーボードしたり。公園でSK8したり。もしくはお庭で植物を育成したり。サッカー観戦したり。
2ニャンと旦那との暮らしを満喫中♪

バーコード

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]